2016年10月25日

終焉の銀河へ

▼週記ですら無くなりつつある。最近の忙しさはタイムライン遡上すら困難にしているのです。

▼17日。ベテランの先生ですら指導案が転覆しているのを知る。私が作った元の指導案では無くなったと。仮説の検証も学級の実態も無視して作る指導案なら、最初からお前が作れって話ですよね。本当小学校の研究授業指導案は費用対効果を鑑みて、やる意味が薄いと断言します。指導主事とか他校社長とか、俺は今までこうやって来た、指導書にはこう書いてあるしか言えないのなら能力の無さを恥じて黙っているべき。一言口出す度に教員のモチベーションを下げる輩は良い教員では無い。

▼19日。教採二次試験落ちてるのを社長が調べてくれました。モチベーション下がると大変なので、本当は運動会終わるまで見ないつもりだったんだけど、翌日に届いた結果通知封筒の薄さでも実際お察し重点だったし、運動会準備が忙しすぎ、子どもに助けられて落ち込む間もなくて結果オーライだったのも事実。社長の「君に来年来て欲しかった。」の一言を頂いたのが救い。実際二次試験も大きな失敗は無かったから、なんで落ちたのか謎。成績照会もできるんだけれど、開示される場所が平日仕事のある時間しか開いてないし、開示されるのも一次の得点と二次試験全体の評価を三段階でって事だったのでこれも苦労に対する費用対効果は薄いと判断。模擬授業なのか、面接なのか、分かんなきゃ対策しようが無い。社長の評価が救いと言ったけれど、実際現場で頑張っている講師の人は何の為の試験だか分からなくなります。吾輩も運動会の燃え尽きと相まって、来年試験を受けようという気はまだ起きません。そういうメンタルの弱さを見透かされたのだとしたら、千葉県の求める教員象に吾輩という人間は当てはまらないので、人生を考え直さないといけません。

▼運動会も雨降らずに無事に挙行。安倍首相と同じくマリオコスプレしたり、小さい職場過ぎて応援団と用具係を兼任したり、入退場門柱用穴を力任せに掘りまくったり、万国旗張る為にブランコに登ったりしました。反省会は中華で美味しかったけど、4時間という長さで閉口。どんなに雰囲気の良い職場でも、朝6時前から勤務してるんだから早く帰るべき。よくそんな体力もつなぁ。

▼傷心旅行に末弟夫妻と鴨川シーワールドに行ってきました。お誕生日割引でちょっと安く入れましたぞ。ピンバッジも貰えて嬉しかったな−。多分前回来たのは20年前くらい。シャチ、アシカ、ベルーガ、イルカのショーを全制覇して、クラゲに癒されました。クラゲと言えば我猫の「何も考えてなくても生きてていいんだねえ」って名言が思い起こされます。

夕飯は寿々ってお好み焼き屋さんだったんだけど、ふわふわの生地で美味しかったなぁ。焼きそばの入った寿々玉が特に。個室で雰囲気も良いんだけれど、遠くてリピートキツイのが難点。鴨シーにお寄りの際は是非。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2465.jpg

▼鴨シーで買って貰った幸せの黄色いてるぼう。てるメット版。雨男でバイク通勤な吾輩にピッタリなお守りです。大事にします。上のピンズが鴨川シーワールドお誕生日入場特典。

▼人を助けるのにも育てるのにもまず自分が元気でなければならない。落ち込んでいる暇は無いのだ。誕生日は丁度良い機会。生まれ変わって大きく一歩歩き出せ。
posted by はむすけ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。