2016年09月17日

詰め込みすぎなのは大体自分の所為

▼一週間振り返り。

▼10日。日本橋に「君の名は。」を見に行きました。映像も綺麗で話も面白かったです。もうちょい行動の結果をはっきり描いてもいいのかなと思いましたが、そこはテンポのよさでもあるので好みかなぁ。音楽もとても印象深かったです。てっしーと妹が好き。あと神木きゅんが演技うますぎて何かに目覚めそうでした。
お昼は毎年浜松のサービスエリアで食べてる鶏三和の親子丼も食べました。名古屋コーチンの濃厚な旨みととりそばのさっぱりが最高です。

▼11日。末弟夫妻が遊びに来て10時のおやつにアリンコのロールケーキを。一日冷蔵庫で置いちゃったからちょっとスポンジ固めだったけど、秋はおいしいお菓子がたくさん出て嬉しいのすねぇ。
しかし仕事が終わってないのでしばし談笑後休日出勤へ。ご褒美にお昼はまるきた商店のラーメンを。鶏の旨みを引き出したさっぱり系。味玉とメンマ、チャーシューで変化があって最後まで飽きない味。お店の雰囲気も凄くよくてリピート必至です。末弟夫妻は結局夜までいて、夕飯を食べて帰って行きました。

▼14日。前の職場へお仕事へ。普段散々教員はやること多過ぎ!熱意に頼ってたら潰れちゃうでしょ!って言っているだけれど、このお仕事は私でしか出来ない仕事だし、お世話になった同僚から感謝されることで事故有用感が凄く高まるのでとてもいい…。

▼その翌日にしたくない方の仕事、指導案の模擬授業が。みんなてんで好きなことを言うので方向性を見失うこと甚だしいですね。小学校は特に専門外の人が自分の経験でこうしなきゃああしなきゃ言うから、仮説検証がしたいのか何なのかよく分からなくなりますな。勿論やったことが良いこと、気をつけた方が良いことはたくさんあるけれど、たかだか45分の授業にそんなに詰め込めないし、皆言うこと違うから、本当に費用対効果というか、頭を痛める時間が無駄に思えてきます。教え方にこだわりがあるのは良いけれど、あまりにこうしなきゃダメ!が多いと嫌なのは教師も子どもも同じなんじゃないですかね。児童の発達段階に応じて、はよく言われるけど、教師だって発達段階があるんだぜっ。

▼そのまた翌日に研究授業の一回前の授業を。子どもの反応がよくて助けられる。紙の上の検討があまり意味ないことを実感するとと共に、とにかくこの子たちが楽しく、分かる授業を、ってところに帰着するよなぁと改めて。はむすけ先生は心がいつもフラフープだけれど、それは常によりよくするには…と悩んでるからだと思ってくだしゃい。

▼今週はバイクのライトが不調で、雨もあって殆ど車通勤。

▼情報が伝わる速度が速くなったけど、間違った情報も多く伝わるようになったなぁ。即時性か正確さかは悩ましいところ。誰が発信し、誰が伝えたかも大切だし、情報に躍らされない人間性は常に涵養していくようにしたいものです。
posted by はむすけ at 11:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。