2015年12月19日

雑記とツイートまとめ

2015-12-19.jpg

▼寒くなってお絵描き力が弱まっている…。線が定まらなす…。

▼今週のお仕事。子どもが家庭での心配を抱えているとどうしようもないと改めて思い知りました。両親が喧嘩して寝不足でふらふらのまま学校に来たり、離婚するしないで子どもが不安定になったり…。実際教師がいくら学校で頑張っても家庭でひっくり返される事がよくあります。それでも教師は範を示し…いざ、その子が自分で考えられる年なったときに、親の生き方でなく、教えた生き方を選ぶ、事を祈るだけです。

▼お仕事で描いた絵が地元の方々に好評らしいです。コンスタントに作品を作り続ける、自分が描きたくないものも描くという2点から、お絵描きで食べていけるとは思いませんが、自分の絵が人に褒められるのは嬉しいものです。

▼土曜夜は21〜24時頃までスカイプで一平次さん、とみのきさん、いわとびさんと飲み会してました。良い時代になったものです。(お爺ちゃん的発言)#名言の最後にはむすけに似てるじゃないかをつけると何でもはむすけに似てるじゃないか タグに負けないように今後も頑張ります。

あとはTwitterまとめ。

▼お酒
・そいや昨日、深み味わうエビス、一番搾りとれたてホップを飲みました。エビスはいつものエビスのコクを更に深めたまろやかな味。とれたてホップは爽やかな香りと炭酸のピリッとした味わい。どちらも美味です。

・新宿のリトルデリリウムというベルギービールのお店で大学の同期と飲んできました。生ビールのメニューは6種飲み尽くしました。どれも美味しかったけど、飲み代が一人一万円超えて嫁さんに怒られそう!料理も美味しいのでビール好きの方は是非。

・日本酒福寿、独特のまろやかな…舌の上で転がる甘みで美味しかったです。ノーベル賞授賞式に供されるだけある…。いささか飲み過ぎました。

▼グルメ
・成田のcloverで親父様とラーメンを食べてきました。鶏ガラベースの煮干し、魚介、背脂全部入りなのですが、千葉の醤油の濃厚さでまとめてあり、上品な味わい。麺の量は少な目でさっぱり感あるので、次回は大盛り塩味にしよ。美味美味。

・一週間お疲れ様のご褒美にハーゲンダッツみたらし胡桃食べてます。なんだこの新食感!みたらされる!

・ハーゲンダッツきなこ黒みつは高級信玄餅アイス。大好きです。

・モスのとびきりハンバーグサンド傑作ベーコンを。衝撃はないのだけれど、各素材がそれぞれの旨味を発揮し、かつ綺麗にまとまっていてとても美味しい。厚みがあるので食べづらいのが難点ですが、はむすけは美味しさが勝ちますね。

▼音楽
・BURNOUT SYNDROMES の文學少女、PVも良かったのですが、音楽だけでもやはり良いですねー。疾走感が好き。
あとちょっと前に脳内うまる会議のgifを見てカワイイ!と思ったらいつの間にかかくしん的☆めたもるふぉ〜ぜっ!にもハマる。電波ソングもいいよね。

▼読書
・若木民喜先生の「なのは洋菓子店のいい仕事」2巻を。キャラがみんな魅力的で面白かった!真面目なセージくんがドマニアぶりを発揮したり、ぱせりくんはショタキラーだったり、タイム兄さんの物憂げな過去が垣間見れたり。お菓子の描写がとても綺麗。後「それは…食べて貰うことです。」がカッコイイ!

・よつばと!12巻を読んだはずなのに全然話についていけなくて読み返す。あぁ〜いいなぁ、日常の中に幸せってあるよね。読み始めた頃はよつばの無邪気さがかわいい!だったのに、今じゃすっかりお子様とともにキャンプに行って、寝かしつけた後ビールを飲みたいおっさんですわ。(お嬢様口調)

・わらいなく先生の「KEYMAN」10巻を。フランクが急にフランクになりすぎだろ!w と、思いつつつ、親子の絆とは何か、考えさせられる物語でした。初期のアメコミ色強めも好きでしたが、わらいなく師父独自の絵柄を確立しつつある気がします。中表紙とソフィアサン、カワイイヤッター!

・宇河弘樹先生の「猫瞽女」2巻を。共産化された日本を舞台に盲目の猫人を描く今作。ギャグシーンは朝霧の巫女に慣れてしまってるので突き抜け感が物足りないのですが、世界観と台詞回しが凄くカッコイイです。特に戦闘前中後、外連見たっぷりで爽快。組織関係も全容つかめずですが兎に角インター唱和!

・若木民喜先生の「ねじの人々」1巻を。神のみの女の子カワイイ!から入った人は合わないかも。が、はむすけは哲学好きです。面白い、というよりふむふむな漫画。ただもう少し絵で読ませても良かったかも。日常に落とし込まれると読みやすさもあがるかなぁ。「不安は可能性の代償だ」が響きます。

・こやまけいこ先生の「カワウソの自転車屋さん」1巻を。動物漫画、自転車の話、絵柄がカワイイと、完全にはむすけの為の漫画だった…なごむ〜。自転車の話も易しいし、各動物の性質や職業を生かした物語で、ただかわいいだけでない面白さ。ハムスターも出てきますよ!回し車ネタはやっぱりそれですよね

・九井諒子先生の「ダンジョン飯」一巻を。タイトル通りファンタジー世界のダンジョンに潜ってモンスターを調理して食べる漫画。死んだ目と独特の間の取り方によるシュールな笑いがwライオスの真面目に変なことを言う様や、常識ある女性のマルシルが段々変になっていく様が面白いです。

・篠原ウミハル先生の「図書館の主」11巻。司書でない人が本を薦める話が興味深く、学校司書と司書教諭も言及されていてうんうん頷きながら読みました。宮本サンの大ゴマでの語りもかっこよかった!「見た事や聞いた事出会った人も…読んだ本も 全部自分を作る一部にしちゃうんだ」画面構成すごい!

oyster先生の「シネマちっくキネ子さん」一巻を。過去作の何処かで見たようなキャラのオンパレイド、かつ映画のパロディも多いのでニヤニヤ。平坦な僕っ子に川島英三てw時々女の子っぽいシーンだけかき込み多いぞ!吹き出してしまったのは筋肉の妖精とゴリラウマwww唐突な無茶苦茶さがwww

・oyster先生の「シネマちっくキネ子さん」2巻を。まさかの男爵校長キャラがパロディでなく本人役で!2人も!!うおお!キャラが段々出来上がって、特にハリウッ太のツッコミが冴え渡る!しかし完結!?着地が無理矢理だけれど…笑わせて貰いました。ぅぅ…あと2巻くらい続いて欲しかったよぉ…

▼ネタ
・そこはアビ・インフェルノ!ニンジャのイクサ、ゴー・コン!!トーク・ジツを持たぬサンシタニンジャ、コミュショウは五分と持たずに爆発四散!イキオクレニンジャクランの猛攻にソウショクニンジャクランは防戦一方だ!「イヤーッ!」「グワーッ!」「イヤーッ!」「グワーッ!」#njslyr7k

・「天使にラブソングを」の逆って「悪魔にデスメタルを」あたり?
それは完全にデーモン閣下だな…

・祖父様「ドイツ語でサツマイモってなんて言うか知ってるか?」
ぼく「いえ、知りません。」
祖父様「クートプーデルというのだ。」
ぼく「嘘つけぇ!?」

・「鼻孔をくすぐるいい匂いだね!って言ったら鼻で笑われたんだが。」
「くすぐられたら笑うのは当たり前では?」
「え!?あぁ…。うーん?」

・【国際】ヤリツィン大統領がムッツリーニ首相に直接会談を要請「ヤルタでやらないか。」
#ドゥーティー教授

▼徒然
・MacのOSが古すぎて(10.7.5) iPhone6ちゃんとアドレス帳を同期してくれなくなった疑惑。Lionも既に5年も経つのか…。MacProくんも来年で稼働10年だしなぁ…。

・気安く抱きついてくる子には家庭でのスキンシップ不足を疑うし、やたら話しかけてきたり喋るのを止められない子は家庭で話を聞いて貰えないんだなぁと疑ってしまう。育児放棄とまでは行かないけれど、大人が自分の事を優先し、子どもの事を考えない家庭は増えたように思います。親になるのに必要な条件は…とずっと考えてきたけれど、一つ言えるのは自分事より子どもの事を優先できるかどうかだなぁ。

・命令系統の円滑化や責任の所在があるから年功序列は否定しないんだけれども、上役に就いてるから偉いとか人間ができている訳ではないのです。他に人がいなくてたまたまその役が貰えることもあるしね。下の者は上の人を厳しい目で見ていますですよ。

・今日1日、良い仕事したなり、思いっきり遊んだなり、良い日だったなぁと床につくとき思うのは大切だと思います。

今は朝なんだけど。

・体調を崩しやすい季節です。
カラテの練習生も風邪やら熱やらで3割いません。
ヤマト運輸のお兄さんもゴホゴホしながら働いていて、とても申し訳ない気持ちに。父母吾輩の荷物で三日ともゴホゴホしてて、仕事とはいえ罪悪感が…。お大事に〜。
posted by はむすけ at 23:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こ、この子は‥‥!
お酒届きました。いつもありがとうございます!
Posted by とみのき at 2015年12月20日 21:08
丸山瑞歩ちゃんです。キルンドライド後に描いたアレです。
お酒も無事に届いて何よりです。福寿はノーベル賞授賞式で飲まれるお酒だそうで。楽しんでね。臨床心理士おめでと〜!
Posted by はむすけ at 2015年12月22日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。